7大アレルギーと花粉症対策に対してのヨーグルトの効果

アレルギーにはさまざまな種類がありますが、代表的なものとして7大アレルギーがあります。7大アレルギーとは、
卵、小麦、えび、かに、そば、落花生、乳の素材、及びこれらを含んだ食品を総称して呼ばれてます。これは、患者数の多さと重篤な症状になりやすいという食品の上位に挙げられます。7大アレルギーは少量の摂取により、血圧低下などを起こすアナフィラキシーショックを引き起こす危険が高く、表示が義務付けられるようになりました。このアレルギーを持つ人や家族は特に注意する必要があります。
これらのアレルギーと共に患者数も多いのが花粉症です。花粉症は現在日本人の25%が症状を持っていると言われています。そのため、さまざまな花粉症対策グッズや食品等が販売されている現状ですが、中でもヨーグルトは花粉症対策の一つとして行っている人が多くなっています。なぜヨーグルトが花粉症対策に良いとされているかというと、ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内で働く事によって腸内環境を改善し、面得K力を高めるとされているからです。さらに、メチル化カテキンという物質がアレルギー症状の抑制にも繋がります。しかし、乳酸菌は腸に届くまでに多くが死んでしまいます。しかし、近年では、乳酸菌が腸まで届くといったヨーグルトも多く販売されているため、花粉症対策としてはこれらをうたっているヨーグルトを摂取する必要がありますしかし、花粉症の症状が出てから摂取しても遅く、対策は、症状の出る数週間前から摂る必要があり、継続することが重要です。さらに効果は人によって個人差があります。あくまでもヨーグルトは体質改善の一つとして摂取し、花粉症の症状が出たら、病院にかかり、専門医の指示を仰ぐ事が花粉症の対策としては重要と言えます。