最新の花粉症対策方法

毎年起こる辛い花粉症状を少しでも和らげるために様々な花粉症対策があります。花粉の量が多い時は外出を控えたり、窓などを開けないようにすることや、外出時はマスクやメガネを着用するなどの対策は多くの人が行っているでしょう。酷い人であれば、花粉症状があらわれる前に病院で薬を処方してもらい早めから花粉症対策を行っている人もいるでしょう。

くしゃみや鼻水、涙目や喉の痛み、頭痛などといった辛い花粉症状を解決できる最新花粉症対策が近年注目されています。その対策方法は「舌下免疫療法」です。この方法はスギ花粉をあえて体に入れてスギ花粉に対応できる(免疫をつかせる)体にしていく方法です。スギ花粉のワクチンを舌下に垂らし、数分放置した後飲む込むという簡単な方法です。注射や薬と違い、副作用が少ないため安心してワクチンによる治療を行うことができます。しかも通院せずに自宅で行える治療法なのも魅力的です。ただしこの治療法の効果が出てくるのには数年かかるといわれており、毎日継続させる必要があります。長期間による治療となることと、途中でやめてしまうと効果がでなくなってしまうので注意が必要です。また花粉が飛ぶといわれている時期より3か月程前くらいから始める必要があります。12歳以上の人であれば舌下免疫療法の対象となっているため、長年にかけて花粉症に悩んでいる人は一度医師に相談してみましょう。妊娠中やぜんそくを持っている人は受けられない可能性もあるため、その場合も医師に相談することが大切です。現在ではこの治療にも保険適用となっているため費用も月1,000円程なので、治療期間はかかりますが舌下免疫治療法というものがあるということを頭に入れておきましょう。

舌下免疫治療法の他にも「レーザー治療」と行う方法もあります。炭酸ガスレーザーを使用し、鼻の粘膜の表面だけを蒸散させることで、鼻に花粉が付着しても反応しにくくさせることができる方法です。痛みや出血などもなく簡単に行うことができますし、こちらも保険適用されるため費用もあまりかかりません。治療効果が出てくるまで数か月かかるので、花粉症状が出る数か月前にはレーザー治療を行うようにするのがポイントになります。

マスクや薬などによる気軽に行える対策も大切ですが、最新の花粉症対策によって辛い花粉症状を気にせずに生活できるようにもなるため、長年花粉症状に苦しんでいる人は検討してみましょう。